english-naut

留学未経験、純ジャパ大学生の英語学習奮闘ダイアリー

日本人にとっての英語とは

こんにちは!english-nautのDAIです:)

 

グローバル化やcross-cultureなどが謳われはじめ、日本国内の教育界でも

英語に力を入れ始めたとか??(日本学術振興会理事長の安西氏によると、2020年から大学入試は今まで英語で問われたのはReadingとListeningの2技能だったのを4技能に増やす方向に向かっているらしい)

おそらくこれからの世代は国際的な教育のされ方をしていくのでしょう。笑

また、2020年のオリンピックの最も大きな懸念の一つは言語の問題ですね。

記事のタイトルにもある通り、おそらく我々日本人にとって(個人でも国全体でも)

言語の壁(英語に限らず)というのがこれからの将来の明暗を分けるものだと考えられます。

 確かに、我々は英語(他の言語)をネイティブレベルにするための能力を身につける労力で何か他にその人各々にとってより有意義になるものを見つけることができるかもしれません。

 しかし、昨今であなたがそのあなたの強みを誰かに理解してもらおうと思った時、英語というものがあなたにその機会をめぐり合わせてくれるものになるのではないでしょうか。私が英語を自主的に学習しようと思ったのはこのためです。(正直なところ、自分の強みがわかってないから、得意科目で、学習した時の効用が高い英語学習を始めた部分が一番強いですが)

 その一方で、英語は私たちに向う側から襲いかかってくるものだと考えられますよね?実際に私が英語学習を始めようと思ったのは志望していた大学が理系でも文系でも英語が必須だったからですし、仕事、アルバイトでも日本に来ているのに、当然のように日本語を学ばずに平然と英語で話してくる外国人の方もいらっしゃいます。

 少しとげとげしい言い方をしてしまいましたが、我々の言語がマイノリティーであるためにマジョリティーにconformする必要があるという話ですね。

このブログを通じて、英語を学習しようという同じ志を持つ人と一緒に頑張りたいのはもちろんですが、英語をいやいや学ぼうとしている人にも力になれればと思っています!

ここで、価値観を押し付けているわけではないですが、繰り返す通り、やりたくないのに英語を学ばれている方も多いと思うので、どうせやるなら楽しく、一生懸命頑張りましょうと言いたいのです。僕も頑張ります!

 

次回からもっといろんなケースの英語の再定義や学習方法の確立を述べていこうと思います!最後まで見ていただきありがとうございました!

励みになりますので下のもポチッとお願いします。


英語ランキング