english-naut

留学未経験、純ジャパ大学生の英語学習奮闘ダイアリー

②大学受験の英語 -Introduction-

こんにちは!english-nautのDAIです!!

前回は接客英語について述べましたね、今回からいよいよ自分が当初から書きたかったことを記事にしていきます:)

 
今回から本格的に大学受験について話していきたいと思います。今日だけで全てを語れるわけではないので、何回かに分けて、勉強方や使った参考書なども一緒に紹介できたらいいなと思っています!

 

文部科学省によると、近年の大学・短期大学への進学率は50%を越えているらしいです。

となると、高校生の過半数の人は(学校のテストなどを含めるとそれ以上の方が)英語を好きか嫌いか関係なく学んでいることになります。冷静に考えると驚きですよね。

 そこで、推薦や特殊な受験の仕方を取らない限り、文系でも理系でもつきまとってくるのが外国語科目ですよね、そしてそれが基本的には英語になるかと思います。

 

  しかも多くの大学(例えばMARCHなど)では英語の配点の割合が高い(文系に多い)

傾向にあるので、英語が苦手な人は受験においては不利になってしまいます。

 また問題の形式や、各試験の対策を考えると大変私たちの時間を多くを占めることになる科目です。

 

 ではどのようにして英語学習を始めたら良いのでしょうか。いろんな意見が飛び交う英語の勉強方法ですが、参考にしていただければ幸いです。

 

 FIRST STEP : 1-1 基礎の基礎を固める 

このステップでは自分の経験に基づき、だいたい高校二年生の秋学期から高校三年生の夏の部活の引退の時期までの「そろそろ受験勉強に取り掛かろう」という時に、すべきことを述べます。当たり前のことですが基礎作りですね。(あえて偏差値でいうなら40前後、センター試験なら0~80点くらい)

 ですが英語の基礎、つまり土台になる部分ってなんでしょうか。

 

それはまず第一に単語、その次に文法です。まずはこの二つから取り掛かるようにしてください。

(追い追い、英語のfoundation mapなるものを作成する予定です。)

ここで重要なのは、ちゃんと大学受験用の単語帳や文法の参考書を買って学習を進めることです。

 ここでの日本人にとっての英語は話せるようになる為ではなくて、大学に受かれば良いのは当然ですよね、もちろん単語も文法知識も、大学受験の英語がきっちりできれば語法やニュアンスが少し異なることがあっても、外国人と意思疎通が図れるくらいには、基礎的で網羅的に英語を知ることができます。ですが、大学受験の科目としての英語にはなんと狙われる単語や文法問題がある程度決まり切っているので、それを対策し、研究された学習教材を使う必要があります。(この範疇を超えたり、マニアックな知識を要求してみんながあまり解けない問題を悪問と呼びます。笑)

 

話は単語から学習する理由に戻しますが、思ったよりも早く、センター試験の過去問や、大学受験の過去問を解かなければ合格は掴みとれません。となると、いち早く配点の高い長文問題の解き方を知る必要があります。

 長文読解では単語、文法は理解している前提で試験は進行しますね。

 

ここで単純な例ですが、自分が英語が苦手で「私は昨日公園でサッカーをして遊んだ」といった文章を長文の中で次の

 正しい文章の①I played soccer in the park yesterdey.

 デタラメな語順の②yesterday soccer I played in the park.

のどちらかを目にした時(②が出てくることはないですが。笑)もし勉強して「I=私」「play=遊ぶ」「park=公園」「yesterday=昨日」

という単語さえ暗記していればなんとなく文のニュアンスが掴み取れることが脳科学の分野では証明されていて、グラマーというのは実はそれを補助している役割に過ぎないのでどちらも内容を把握することは難しくないですよね。(もちろん単語はこんな簡単な単語はみんな知っているし、長文はこれと比にならないくらい長いので適切な例になったかどうかは自信がないですが。笑)

  

 ですから最初はコンスタントに単語を一つでも多く早い段階で覚えていったほうが効率的になる訳です。

 

今回はここまで念頭に入れていただきたいと思います。

また近いうちに続きを述べたいと思います!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!

励みになりますのでポチッとお願いします!


英語ランキング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

①接客英語について

こんにちは、 DAIです!

今回接客英語について少し話そうかと思います。

最近は資格勉強、特に英検一級とTOEFL ibtを頑張りたいと思うものの、もうすぐテストが近いし、バイトもしなきゃいけないしうわぁぁってなってます。笑

てんてこまいですがお互い頑張りましょう!

私は遊園地のインフォメーションセンターでアルバイトをしているのですが、お客様にチケットのご案内やお子様の乗れるアトラクション、乗れないアトラクションをご案内をするだけでなく、周辺の道案内や、迷子の保護など、時には遊園地には関係ないことまで尋ねられたりしますので、楽なバイトといえばぶっちゃけ楽なのですが、幅広いニーズに応えなければならないので、大変でやり甲斐も感じています。

 その中で、接客英語だけは社員さんのアルバイトの先輩方も、依然として苦労していますね。

 読者の皆様も苦い経験をしているとは思いますが、実は相手がせっかちでもない限り、外国人の方への接客は正直、日本人よりも個人的に、ご案内していて気持ちいいですね。笑

 私もまだまだ完璧に英語を話せる人間でもないし、ここで偉そうに述べる立場でもないですが、もし外国人の対応にお困りの方がいましたら、以下の3つを心がけるようにしてみてください!

 1. 挨拶をしたり、お礼を言うなど、コミュニケーションをできるだけ測る

 一つ目は、本当に単純なことです。挨拶をしたりご案内をする時に"Thank you"と言ったり。ですが、必ずこちら側から言うように努めてください。

 そうすることで、物腰柔らかに、コミュニケーションができるだけでなく、相手側が自分の英語力を見極めて、言葉をゆっくり話してくれたり、yes, noで答えられる質問ばかり投げかけてくれるので、こちら側が伝えなければならない事項がある場合も、遠回りしているようで、結果的にスムーズに理解していただくことができます。お礼の言葉をこまめに挟むことで、手間をかけていることを理解していただくことも大事です。

 2. こちらから尋ねることは短い5W1H

二つ目は、お尋ねしなければならないことは、5W(what, where, when, who, why あとwhichも)と1H(howですね)で簡潔に述べることですね。

 これは返答がシンプルになりやすく、こちらのヒアリングのスキルが欠如していても、こちらが把握しやすいようにするためです。

 3. 言葉はテンプレートにそしてジェスチャーを混ぜる

最後に、接客英語なんて所詮、伝わればいい。笑

このスタンスで、自分で接客する時の英語のテンプレートを本屋で用語集を買ったり、

web検索して言葉を1文まるごと覚えてしまいましょう!笑

ただあんまり難しいご案内をすると自分が聞き取れないことを喋られたり、自分が答える時、英語で喋れないなんてことにならないように努めましょう。

加えて、ジェスチャーをすることでニュアンスの差異での勘違いを減らすことができるので理論上は困ることはないですね!笑

 

 今回このような感じで、接客英語について話させていただきました!

あんまりこの英語に関しては時間を割かずに、もっと他の自分のとって有意義なことに時間を使えるように、3つのこと実践してみてください!

 

最後まで見ていただきありがとうございました!次回はいよいよ大学受験の英語について述べたいと思います!

励みになりますので最後にポチッとお願いいたします。

勉強仲間、同志の方のコメントもお待ちしております:)!!!

 


英語ランキング

 

 

 

 

 

英語というものを再定義

こんにちは、english-nautのDAIです!

 

前回で、英語に対しての自分の価値観を少し熱弁しましたね。笑

今回はその続きで、我々の直面するいろいろな英語を分析してどうすれば良いかについて記事にしようと思います!

 

なぜ今回、このような分析の必要を感じたかというと、我々の日本人のみんなが英語を好きで勉強しているわけではないので、できる限り効率的なアプローチをする必要があると感じたからです。

そこで、私は粗くではあるものの以下の3つに分けました。

①接客英語

まずは接客英語です。 「アルバイトの面接で英語は話せますか?日常会話レベルでいいので」と言われた経験がありませんか?

レジャー・サービス業や飲食業などをアルバイトしている方ですと、日本語が話せないアジアやヨーロッパから来た方に対して英語で対応しようとして苦い経験をしたことがある方も多いかもしれません。

②大学受験のための英語

次は大学受験のための英語ですね、これは皮肉なことに先ほど述べた接客英語と正反対のことが求められています。(私はそう感じています) 特に、受ける大学の種類やレベルによっては、英文解釈や和訳など対策が難しいものもありますので結構時間を取られます。 

③資格英語

最後に資格英語ですね1こちらは①、②と比べて英語を強いられて学習している人は少ないと思うのでここで言及することはあまりないです。ですが就活などでtoeicも勉強に苦しんでいる人も多いかと思います。

 

以上の三つが我々に日本人にとってのdifficultyとしてあげられる英語ですね、

しかしこれらはものによってはチャンスになる部分ですので次回はもっと具体的にfocusした話に進みたいと思います。

 

最後まで読んでくれてありがとうございます!

日本人にとっての英語とは

こんにちは!english-nautのDAIです:)

 

グローバル化やcross-cultureなどが謳われはじめ、日本国内の教育界でも

英語に力を入れ始めたとか??(日本学術振興会理事長の安西氏によると、2020年から大学入試は今まで英語で問われたのはReadingとListeningの2技能だったのを4技能に増やす方向に向かっているらしい)

おそらくこれからの世代は国際的な教育のされ方をしていくのでしょう。笑

また、2020年のオリンピックの最も大きな懸念の一つは言語の問題ですね。

記事のタイトルにもある通り、おそらく我々日本人にとって(個人でも国全体でも)

言語の壁(英語に限らず)というのがこれからの将来の明暗を分けるものだと考えられます。

 確かに、我々は英語(他の言語)をネイティブレベルにするための能力を身につける労力で何か他にその人各々にとってより有意義になるものを見つけることができるかもしれません。

 しかし、昨今であなたがそのあなたの強みを誰かに理解してもらおうと思った時、英語というものがあなたにその機会をめぐり合わせてくれるものになるのではないでしょうか。私が英語を自主的に学習しようと思ったのはこのためです。(正直なところ、自分の強みがわかってないから、得意科目で、学習した時の効用が高い英語学習を始めた部分が一番強いですが)

 その一方で、英語は私たちに向う側から襲いかかってくるものだと考えられますよね?実際に私が英語学習を始めようと思ったのは志望していた大学が理系でも文系でも英語が必須だったからですし、仕事、アルバイトでも日本に来ているのに、当然のように日本語を学ばずに平然と英語で話してくる外国人の方もいらっしゃいます。

 少しとげとげしい言い方をしてしまいましたが、我々の言語がマイノリティーであるためにマジョリティーにconformする必要があるという話ですね。

このブログを通じて、英語を学習しようという同じ志を持つ人と一緒に頑張りたいのはもちろんですが、英語をいやいや学ぼうとしている人にも力になれればと思っています!

ここで、価値観を押し付けているわけではないですが、繰り返す通り、やりたくないのに英語を学ばれている方も多いと思うので、どうせやるなら楽しく、一生懸命頑張りましょうと言いたいのです。僕も頑張ります!

 

次回からもっといろんなケースの英語の再定義や学習方法の確立を述べていこうと思います!最後まで見ていただきありがとうございました!

励みになりますので下のもポチッとお願いします。


英語ランキング

 

 

 

 

自己紹介の続き

早速日が空いてしまいました。。苦笑

こんにちは、DAIと申します!

 

2回目は自己紹介の続きです。

みなさんと一緒に英語学習をシェアしてく中で、自分が今までどのような勉強をしてきたか(現在のCFERのB2レベルになるまで)、また自分がどのようなバックグラウンドを持っているかを今回はご紹介しようと思います。(英語がC2レベルのyoutube、ブロガーとして有名なAtsuさんとコンセプトは同じになると思います。)

 

ざっと学歴に関しては、偏差値50ちょっとの都立高校に通っていて、定期テストの順位も300人いる中で、ずっと下から数えたほうが早いような部活熱心の陸上バカでした。笑

そのまま受験勉強(英語、現代文、文系数学)を頑張るものの、数学と現代文が苦手で志望の大学に受からずに日本大学の経済学部に入ることとなりました。

思えばこの時から、英語は成果が出たので、当時は「受験科目での英語」が得意で
そこから好きになったのだと思います。笑

 

この大学一年生の時に、受験が終わった当時から悔しかったこともありますが、日本大学のキャンパスの校風やらいろいろ馴染めなく、あまり自分にとって好ましい環境ではなかったことから仮面浪人(大学に通いながら受験勉強し直して大学を受験すること)をしようと決意します。

科目をそこで数学1A2Bを世界史に変えて、現代文が国語総合(現代文、古文、漢文)に変わりました。

結論から言うと、本格的に勉強し始めた7月からのおよそ半年で2年目の第一志望の上智大学の法学部に受かることができなかったので第二志望の上智大学文学部哲学科に進学することになりました。(ちなみに現役の時は中央大学が第一志望でした。)

ここからは大学受験の話、特に英語の学習方法とオススメの参考書を紹介しながら、仮面浪人のエピソード、哲学科についても話せればと思ってます。

今日はひとまずここまでです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

モチベーションにつながるので最後にポチッとお願いします。

 


英語ランキング

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ始めました。<自己紹介>

ブログはじめました!

・・・・・

なんか中学の時からブログを中途半端に作っては辞めて放置を繰り返したりしてますが、今回は真面目に続けられるように頑張ります!

(過去の遺産が無駄に検索エンジンで上位にヒットするというなんたる黒歴史。笑)

 

 このブログはちゃんと目的意識を持って取り組むつもりです。

自分の英語学習を記録することでみなさんと、直面する様々な壁をシェアして分かち合あい、参考にしてもらったり、時には反面教師にして一緒にめげずに頑張り励まし合いたいという理念に基づいてやっていこうかなと思います。(時には他の話題についても書こうと思っています)

 

そこで、このブログを見てくださっているあなたはこのように思うのではないでしょうか。

こいつの現段階の英語力ってどのくらいだろう、、」

 

なので、ここで私の自己紹介をさせていただきます。

現在上智大学に通っている2年生で英語が話せる人に憧れて趣味で勉強してきました。

専攻はちなみに哲学です。(この辺の話もいずれするつもりです笑)

 

今現在の英語力を表せる指標となるものは、資格試験ですと

この二つのスコアは

CFER(Common European Framework of Reference for Languages)

でいうところのB2レベルですね、6段階のレベル4です。

ですから、これから記録していくのはC1C2レベルを目標にした学習になるかと思います。

ですが、このレベルになるまでの過程も是非自分でも顧みたいと思ったので、始めは今までの英語との向き合い方や、まだまだみなさんに自分のバックグラウンドを知って欲しいので細かいエピソードなどを書いていけたらと思います。

 

一緒に頑張っていきましょう:)!!!

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございます!

励みになりますのでポチッとお願いします!